うつのサインに気付く|どのような症状があるのか

うつのサインに気付く|どのような症状があるのか

うつ病は心の専門医にお任せください

検査と治療法の最前線

うつ病を診断する検査や治療の方法も研究が進んでおり、患者は選択肢が増えています。脳の血流に着目した検査も登場しています。また、薬物療法だけではなく、磁気を使った治療方法が注目されています。

早めの対策が肝心になる

葉っぱ

毎日の生活が忙しく余裕がなくなってくると、うつ病を発症しやくなります。うつ病は重症化すると改善しにくいため、できるだけ早く病気のサインに気付くことが重要です。本人はもちろん家族や職場の仲間、友人など周囲の人間が察知することも重要です。うつ病のサインを認識しておくことで、自分のケースはもちろん、まわりの人たちの症状にもいち早く気づいてあげることができるのです。

ではうつ病のサインとはどのようなものになるのでしょうか。食欲や睡眠といった基本的な欲求が減退してくるのが一つとして挙げられます。また今までにはない疲労感や焦燥感を感じることもサインになります。特に、家庭や仕事など日常で多くの時間を過ごしている場所で、トラブルなど何か問題を抱えていることが続いているときには注意が必要です。心にゆとりがなく切羽詰まった状況が続くと、誰でも辛く感じるものです。しかし通常であれば、どこかで切り替えることでストレスを発散していきます。お酒を飲んだり、スポーツで汗を流したり、好きなアイドルのライブに行ったりなどするのです。各々の趣味に没頭することで、気持ちや気分を切り替えてバランスをとっていけます。しかし、うつになると、そのような好きな行為もしたくなくなります。無気力な状態が続いて、ずっとストレスを抱えることになるのです。自分では気が付かないほど深刻になることもあるので、職場などではうつのサインをチェックするために、ストレスチェックを実施することが有効です。定期的に行なうことで、自分や周囲の人のストレス度をはかることが可能です。インタネットでもストレスチェックをすることができるので、個人的にも試してみるようにしましょう。家族や友人が最近様子が変だなと思ったら、声をかけて一緒にチェックしてみてください。自分の状況を理解できれば、次にとるべき行動が見えてきます。

うつ病患者には休息が必要です。仕事は休んで、自分の身体を最優先にしてください。子育て中の人は両親やパートナーなどのサポートを受けることが肝心です。場合によっては行政機関の支援を受けることも必要です。病気の自分を責めずに、まずはうつと向き合い病気治療に専念することだけを考えるようにします。専門クリニックを速やかに受診して、治療を始めていきましょう。

ウィンターブルー対策

冬に症状を発症する季節性うつ病について、認識を深める必要があります。季節限定の症状になるため、病気に気が付きにくいためです。クリニック受診のほかにも、日光に浴びて運動することが症状改善に効果的になります。

非定型は誤解されやすい

うつ病の一種に非定型うつ病があります。一般的なうつ病とは違うことを理解していくことが大切です。特に非定型の特徴でもある気分反応症においては、誤解を受ける可能性があるので注意が必要です。

発症する原因を考察する

遺伝的な問題だけでうつ病になることはなく、環境や身体の変化などさまざまな要因によって病気が発症します。予防するためにも、どのような理由で病気にかかりやすくなるのか知っておくことが重要です。

病気と向き合うために

身体の大きな変化や、身近な人の死といったことをきっかけにしてうつ病になるケースがあります。しかし、時間をかけて適切な治療を行なうことで、快方に向かうはずです。そうした気持ちを忘れずに病気と付き合っていきましょう。