うつのサインに気付く|どのような症状があるのか

女の人

病気と向き合うために

病院

出産や更年期などでホルモンバランスが乱れたり、がんなどの重大な病気にかかったりすることで、うつ病を患うことも多いです。いつも疲れているという状態が続くことでも発症します。さまざまな要因が重なることで、うつ病になってしまうのです。うつ病だけでもたいへんな負担なので、他にも辛い症状があるとさらに大きなダメージとなるでしょう。うつ病と前向きに付き合っていくためにも、心がけておくべきことがあります。それは、できるだけストレスの原因となる事柄から自分自身の身を遠ざけることです。

がんや甲状腺の異常などからもがんになるケースはありますが、そのような場合は病気治療をやめることはできません。つまりストレスから逃れにくい状態だといえます。その場合は、自分自身の辛さを抱え込まないようにすることが大切です。カウンセラーに自分の思いを聞いてもらうのも一つの方法です。もちろん誰とも話したくないときは、無理をして話す必要はありませんが、一人ではないことを忘れないようにしたいものです。また、大切な人の死がうつ病の大きなきっかけになる人も大勢います。このように厳しい現実に直面して逃げ場がないように感じることで、うつ病は発症していきます。改善することが不可能に近い環境でも、必ず出口はあるものです。病気のせいもあり、絶望感を感じることもあるでしょう。しかし、時間がゆっくりと解決してくれることがほとんどです。医師からの処方薬を飲んで、最適な治療方法を実践していくことで、必ず長いトンネルを抜け出せるとあきらめない気持ちを少しでも持ち続けるようにしましょう。