うつのサインに気付く|どのような症状があるのか

女の人

ウィンターブルー対策

カウンセリング

ウィンターブルーという言葉を耳にする機会も増えてきました。このウインターブルーとは、季節性うつ病のことを指す言葉です。秋から冬になると、誰でも体調や気分は変化していくものですが、この季節性うつ病は、脳機能の障害になります。一見うつの症状に見えないこともあるので、より認識を新たにする必要があるでしょう。問題が根深いのは、この季節性うつ病は、名前の通り季節的なものになります。冬が終わると症状は改善されるのです。そのため、自分もまわりも病気という事実に気がつきにくいことが指摘されています。では、このウィンターブルーの症状について詳細をみていきましょう。

秋や冬になると、気分が落ち込んだり、睡眠時間が長くなってしまうことはないですか。また冬になると炭水化物を過剰に摂取したり、食べてばかりいる状態になっていませんか。倦怠感や集中力の低下で仕事にも問題が出てしまうケースも多いです。これらの症状が秋から冬にかけて季節限定で起こっている場合は、季節性うつ病を疑ってもよいかもしれません。この季節性うつ病には、太陽の動きが原因しています。冬は日照時間が少なくる地域が多いですが、日光に浴びることが少なくなると、人間の脳ではある物質が不足してきます。それは、セロトニンです。セロトニンが減少することによって、うつ病の症状を発症してしまうのです。

セロトニンは、睡眠を司る物質であるメラトニンの生成には欠かせない物質です。そのため、セロトニンが減れば自動的にメラトニンも減少します。睡眠だけではなく、さまざまなホルモンバランスが崩れることになるのでウィンターブルーになってしまうと考えられています。

改善方法としては、クリニックでの治療が有効です。ほかには、日光に意識的に当たるようにすることも重要です。日照時間が少ない場合は、家の照明を明るくするだけでも効果が見られるといいます。また、ウォーキングなどをの運動をすることで、ドーパミンの分泌が促されるので症状改善には効果があります。